« 似ている形容詞・副詞使い分けブック | トップページ | 世田谷区・板橋区 »

2017年5月13日 (土)

単語の暗記について(訂正)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ

ちょっといいこと聞きましたよ。

単語には、「産出語彙」と「受容語彙」の2種類があるんだそうですね。

産出語彙とは、自分から使えるようにしたい単語で、

受容語彙は、自分では使えないけれど聞いたり読んだりしたらわかる単語のこと。

しかもネイティブスピーカーは、産出語彙100個ほどだけで会話の半分以上をカバーしているのだとか。

つまり難しい単語をたくさん覚えるより、知っている単語を適材適所で正しく使うことを身につけるのがよい。

ということなんだそうですが。

これには目からウロコです。

そもそも僕は「覚えなくていい単語なんてない」と思っています。

こんな単語使わないから覚えなくていいと思うのは、

その単語を使うレベルに達していないだけだったり、まだその単語を使うシーンに出会ったことさえない、

未熟な自分が勝手に作り出した、「バカの壁」に過ぎないからです。

とはいえ単語の暗記はキリがなく、常に悩みの種なのは言わずもがな。

今までは、ちゃんとチャントアウトプットできるまでじゃないと単語を覚えたことにはならないと思い込んでたんですが、

でも、「使わなくても見ればわかる」だけでOKな単語があるというなら、

もうちょっと気楽に取り組めそうですね。

ああ。

久しぶりにがっつり単語が気分。

|

« 似ている形容詞・副詞使い分けブック | トップページ | 世田谷区・板橋区 »

学習法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1114661/70536564

この記事へのトラックバック一覧です: 単語の暗記について(訂正):

« 似ている形容詞・副詞使い分けブック | トップページ | 世田谷区・板橋区 »